550 Invalid name or chroot violation 912SH Admob広告 ADT ADTプラグイン android Android OS Android SDK Android Studio Android SDK Androidアプリ Androidアプリ開発 Androidアプリ開発のエラー Androidアプリ開発を体験 Androidアプリ開発環境 Androidエミュレータ Androiエミュレータ API ApiDemo appmethod appMobi AVD Chronometer C言語 Dropbox Eclipse Eclipseのエラー Eclipse更新 Froyo Galaxy J gingerbread ICS INDIGO iPhone java JDK Jelly bean KitKat MAC Adress MACアドレス main.out.xml mbarcadero MONACA muuMail ping更新通知 Project has no default R.java RAD RADツール ROOT SC-02F SDカードのパス取得 simロック解除 Spinner Splashtop String データ SwiFTP TARGET TextView USBで接続 USBケーブル差込口 Webkey for Android XPERIA Xperia acro xperia acro HD so-03d xperia acro so-02c アイデア アクセス数を増やす アップル アップル敗訴 アプリ アプリ開発 アプリ開発環境 エミュレータ エラー処理 エンバカデロ コードのサンプル サムスン サンプルアプリ ジャックラッセルテリア ジョルテ スティーブ・ジョブズ ストップウォッチ スマホ スマートフォン ターゲット ディレクトリを作成 ドコモ バージョン別シェア パスワード パソコンとUSBケーブルで接続 パースペクティブのリセット ビル・ゲイツ ファイル名の取得 ファイル名一覧 ファイル数の取得 プログラミング マイクロUSBケーブル マウントの判定 ムーメール ムーメール2 ムー電話 メールアプリ レイアウト ワンタッチ ワンタッチメール ワンタッチ電話 仕様を検討 割り勘アプリ 参考書 地下鉄でもスマホ 地下鉄で通勤途中 変換 帰るメール 指定したディレクトリ 携帯電話 数値 文字の色を設定 文字列 日本語化 標準メールアプリ 災害 無料版 物理アドレス 特許訴訟 環境変数 画像ファイル 発想方法 神アプリ 簡単メール 簡単電話 紛失 絶対パス 自作アプリ 複数ある画像 起動エラー 逆遠隔操作 遠隔操作 都内の地下鉄 開発環境 電話帳

タグ / Eclipse

記事
2014年版Androidアプリ開発環境の構築 その3 Eclipseを日本語化する。 [2015/02/18 09:32]
前回(その1、その2)までで基本的なAndroidアプリの開発環境が整いました。 Eclipseを起動すると次のように英語版です。 英語版でも良いですが、せっかくですから日本語版にメニューを変更しましょう。 Eclipseを日本語化するためのサイトがあります。Pleiades - Eclipse プラグイン日本語化プラグインhttp://mergedoc.sourceforge.jp/ ここで、まず導入済みのEclipseのバージョンを調べます。起動画面に書いてあります、今回は Juno ですね。詳細に調べる場合は、Help ⇒ About Eclipse ⇒ Installation Details(左下のボタン)Features の中の (Features Name)Eclipse Platformを選択すると、下部にバージョンが表示されます。Juno のバージョンは、4.2.1 と記載してあります。 次に、Pleiades - Eclipse プラグイン日本語化プラグインサイトの該当場所、Juno あるいはバージョン 4.2を選択します。 日本語化のバージョンを調べます。pleiades のところを見ると、1.4.2とありますので、該当する日本語化プラグインをダウンロードします。 サイトのトップページに戻り、上記バージョン未満の安定版をダウンロードします。 今回は、pleiades 1.4 を選んでダウンロードします。 ダウ..
2014年版Androidアプリ開発環境の構築 その2 Android SDK のダウンロード [2014/11/25 07:43]
Android SDK のダウンロード画面では、 規約に同意する にチェックを入れてから、32ビットと64ビットを選択してダウンロードします。 ここで、32ビットと64ビットの確認方法ですが、少し注意が必要です。 通常はパソコン本体のシステム画面で確認を行いますが、パソコン本体が64ビットシステムの場合には、Program Filesフォルダが二つあります。  Program Files は64ビット、Program Files (x86) は32ビットを意味します。(Program Filesフォルダしかない場合は32ビットです。) EclipseはJAVAの上で動作するので、起動エラー(java was started but returned exit code=13)を防止するため、次のように、JAVAがインストールされている場所(32ビット版なのか64ビット版なのか)によって判断します。 エクスプローラーでJAVAの場所を確認します。エクスプローラーは、左下のフォルダをクリックするか、スタートボタン上で右クリックします。私のパソコンでは、Javaのインストール場所は、次のとおり C:¥Program Files (x86) なので32ビット版をダウンロードします。 JAVA というフォルダが CドライブのProgram Files (x86)の中にあれば、32ビットということです。もし、Program Files (x86)の中では..
2014年版Androidアプリ開発環境の構築 その1 [2014/11/24 17:56]
久しぶりにパソコンを購入したので、Androidアプリ開発環境を作ります。 PCの環境は Windows 7 です。 Androidアプリの開発環境は、オーソドックスなEclipseを使います。 最初に、PCにJAVAが入っているか確認しましたが、どうやらWindows7では最初からJAVAが入っているらしいですね。 スタートボタンの検索欄に cmd と入力して、黒いDOS画面でコマンドラインから java -version と入力し、java -versionjava version "1.8.0_25"が確認出来れば、JAVAが入っていますのでEclipseが動きます。 左下のスタートボタンをクリックします。    スタートボタンの検索欄に cmd と入力します。 黒いDOS画面が現れるので、java -version と入力します。 入力は、キーボードで打つよりも、コピー ( CTRL+C ) してから、黒い画面上で右クリックして張り付けるのが便利です。 次に、Eclipse をインストールするのですが、どうやら最近は Android SDK の中にEclipseが入っているらしいですね。これは楽です。 Get the Android SDK http://developer.android.com/sdk/index.html#download ここの Download Eclipse ADT をクリックしてダウンロー..
Eclipseのエミュレータにアイコンが二つインストールされてしまう [2012/11/27 13:21]
Androidアプリの開発をEclipseで行っていて、エミュレータでテストしている時に、画面(Activity)を二つ使用するアプリ(主画面から副画面を呼び出す、画面遷移のアプリ)をEclipse上で実行すると、エミュレータの中にアプリがインストールされた時に2つのアイコン(主画面のActivityと副画面のActivity)が作成されてしまう。 原因を調べると、AndroidManifest.xmlの設定を変えることによって解決できた。 どうやら、主画面のみに設定する android.intent.action.MAIN と android.intent.category.LAUNCHER が、副画面にも設定されていることが原因なので、これを削除すれば良い。 AndroidManifest.xmlのアプリケーションタブの下欄にある、Application Nodes の中の Intent Filter から上記二つの設定を除去する。
Eclipseの起動エラー対処法 ログ・ファイルを参照してもよくわからない。 [2012/04/18 15:27]
古いAndroidアプリを改良しようと思い、EclipseにAndroid1.6(APIレベル4)を追加でインストールした後、Eclipseが起動しなくなった。 Eclipse.exeをダブルクリックして起動しようとすると、エラーメッセージのダイアログが表示され起動しない。 エラーは、「エラーが発生しました。ログ・ファイル ○○○.logを参照してください。」 メッセージどおりに configurationフォルダの中にあるログファイルを見ると、むずかしくてよくわからない。ログの中には次の表示があるが、意味がわからない。 !MESSAGE FrameworkEvent ERROR Eclipseのすごいところは、何でも開発できるが、逆に、このようにむずかしいところもある。以前、JDKをバージョンアップした時にはバージョン違いのエラーを修復できずに、仕方なく最新版を最初からインストールした。 開発環境が壊れて一から組みなおすのは、それはそれで楽しいのだけど、やたらと時間を費やすことになってしまう。 今回のエラーは次の作業で一発解決しました。 eclipse.exe(Eclipseの本体)と同じフォルダの中にeclipse.exe -clean.cmdがあります。それを実行します。 通常の起動よりも長く時間がかかりますが、辛抱強く待つと起動します。eclipse.exe -clean.c..
割り勘アプリでAndroidアプリ開発を体験、その6 ボタンの動作を作る。 [2012/01/11 17:34]
前回(その5)までは簡単に画面レイアウトを作成しました。色や大きさ配置などの、細かな見た目のデザインは、おおまかにアプリの動作確認を終えた後にじっくりと考えてデザインします。これがアプリ開発のコツです。 今回はボタンを押すと、合計支払額を人数で割り、その結果を表示する動作をプログラミングします。ここからはJAVAの言語で作成していきます。 Androidアプリを開発する際、Javaプログラミングでは、いくつかの約束ごとがあります。 基礎知識として3つほどの概念を覚えましょう。プログラミングコードはコピーして貼り付ければ十分です。コードまで覚える必要はありませんし、Eclipseでは自動的にコードが表示されるようになっています。初めは概念だけ覚えれば十分です。 アプリ開発の基本パターン ボタンを押す時の動作を書く場合を例とします。 1.最初にレイアウト画面で使用するパレット部品(ボタン)の宣言を書きます。 Button ○○btn; ボタンを宣言(これから○○という名のボタンを使いますという意味) 2.レイアウト画面とプログラミングの関連(レイアウトの部品の名前を決めます。) ○○btn = (Button)findViewById(R.id.Button01); main画面のボタンButton01を○○btnという名前で使用するという意味 3.ボタン(レイアウト画面の部品)の..
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。