スポンサーリンク
2012年01月12日

割り勘アプリでAndroidアプリ開発を体験、その7 エラー処理


前回(その6)までで、合計支払額を人数で割り、ひとり当たりの負担額を表示する「割り勘アプリ」が完成しました。動作を確認しているとエラーが出る状況が見えてきました。

入力欄に数字を入れない場合と人数欄が0の場合にエラーが表示されるようです。

つまり、このエラーを解決するためには、数字が入ってない、あるいは人数が0の時にはダイアログで注意を促し、それ以外の場合には割り算の結果を表示させれば良さそうです。

エラーが起きる時点は、ボタンを押した段階でエラーが出るので、ボタンを押した後にコードを書けばよいことがわかります。

エラー処理はいろいろな方法がありますが、今回は次の条件によって処理を分けることを考えます。

エラーの生じる条件

合計支払額の数値が入力されてない。
人数の数値が入力されていない。
人数の数値が0(ゼロ)。

続きを読む




posted by Kunihiko at 18:03 | Comment(1) | TrackBack(0) | 割り勘アプリの開発を体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年01月21日

その3 割り勘アプリでAndroidアプリ開発を体験、レイアウト画面の作成

それでは、最初にレイアウト画面(見た目の画面)を作ります。Androidアプリ開発では、最初にレイアウトを作り、その後に動作をプログラムします。 少しづつ進めます。 次の手順でレイアウト画面を開きます。 パッケージエクスプローラのWarikanをダブルクリックします。次に res をダブルクリックします。次に layout をダブルクリックします。 すると、main.xml がありますので、ダブルクリックします。 ダブルクリックの代わりに、カーソルを当てると右向きの小さな三角マークが現れるので、その小さな右向きの三角マークをクリックしても同じように開くことができます。
続きを読む




posted by Kunihiko at 20:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 割り勘アプリの開発を体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


現在、このブログは更新を停止しています。
最新の内容は次のブログでお願いします。


新ブログ
Windowsでブログ、パソコンやスマホ、自動車やオートバイの楽しみ方
http://home.mynsworld.com/