2012年05月07日

InventorとMonaca、ちょっと見ない間に、開発環境が進化した! 


2012年5月7日

久しぶりにMonacaにログインしたら、開発環境がバージョンアップしていてビックリした。

マニュアルも充実して来て、いろいろなサンプルが用意されている。おみくじアプリが作れるらしい。

Androidアプリが簡単に開発できる環境は、昨年は、GoogleのApp InventorとMonacaの2つがあって、両方共これからというものでした。

初代Xperiaを購入した頃にアプリ開発をしていたのですが、それから少しやる気スイッチが入らなくて開発を休んでいたけど、パチンコで負けてしまい、かなりダメージを負って、人生これではいかんと反省し、少し再開してみようかというような気にもなって、久しぶりに開発環境を覗いてみた。

すると、ビックリばかり

まず、App Inventorに入ろうとしてGoogleを開くと、ない、ない、


おおお、ないぞ


App Inventorは、Googleの中にあったはずの、たしかGoogle Labsとかいう開発サイトがない。

検索サイトで探すと、


なんと、App InventorはMITへ移管されたとのこと。開発元に移され、オープンソースになるとか、これはこれで楽しみかもしれない。

MITのApp Inventor
http://appinventor.mit.edu/

ログインすると、かなり開発しやすい感じ、1年前(2011年3月頃)と全然違う。

技術の進歩はすごい、と感動の余韻にひたりつつ

Monacaを覗いてみた。

おおお、おおお、ここちらも・・

なんどMonacaも開発環境が進化していますね。

Monaca

入門ガイドを見るとわかりやすいですね。

Monacaの入門ガイド
http://docs.monaca.mobi/primer/

両方とも簡単に誰でもがAndroidアプリを開発できそう。
ちょっと真剣に勉強しようかな。

Sponsored Link

posted by Kunihiko at 06:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Monaca開発環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


現在、このブログは更新を停止しています。
最新の内容は次のブログでお願いします。


新ブログ
趣味は長生きと秘密
http://home.mynsworld.com/