2014年11月24日

2014年版Androidアプリ開発環境の構築 その1

久しぶりにパソコンを購入したので、Androidアプリ開発環境を作ります。

PCの環境は Windows 7 です。

Androidアプリの開発環境は、オーソドックスなEclipseを使います。

最初に、PCにJAVAが入っているか確認しましたが、どうやらWindows7では最初からJAVAが入っているらしいですね。

スタートボタンの検索欄に cmd と入力して、黒いDOS画面でコマンドラインから java -version と入力し、
java -version
java version "1.8.0_25"
が確認出来れば、JAVAが入っていますのでEclipseが動きます。

左下のスタートボタンをクリックします。
WS000017.JPG   

スタートボタンの検索欄に cmd と入力します。

黒いDOS画面が現れるので、java -version と入力します。
WS000015.JPG




入力は、キーボードで打つよりも、コピー ( CTRL+C ) してから、黒い画面上で右クリックして張り付けるのが便利です。
WS000014.JPG


次に、Eclipse をインストールするのですが、どうやら最近は Android SDK の中にEclipseが入っているらしいですね。これは楽です。

Get the Android SDK


ここの Download Eclipse ADT をクリックしてダウンロードするだけです。圧縮されていますので解凍してEclipseが動きますね。

WS000000.JPG



posted by Kunihiko at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 開発環境の準備 2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


現在、このブログは更新を停止しています。
最新の内容は次のブログでお願いします。


新ブログ
趣味は長生きと秘密
http://home.mynsworld.com/