2012年08月16日

Eclipse更新で起動エラー、パースペクティブのリセットで解決。


久しぶりにAndroidアプリの開発を行おうと思いEclipseを起動したところ、バージョンアップするかどうかのダイアログが表示されたので、バージョンアップしたところ、エラーが出てしまった。

Eclipseを起動すると次のようなエラーが表示されて気持ち悪い。

画面下部のエラーログに赤のバツマークと共に表示される。

Unable to execute early startup code for an extension

未処理の例外

プラグイン"org.eclipse.ui.workbench"からコードの起動で問題が発生しました。

さらに警告の黄色いマークが表示され次のように表示される。

キーバインドの競合が発生しました。通常のアクセラレーター操作を妨げる可能性があります。

err20120816.jpg

このままAndroidアプリの開発を進めると、何か目に見えないバグがアプリの中に潜んでしまいそうな気がして、とりあえず、Eclipseの起動エラーを解決することにした。

Androidアプリの開発は、このEclipseとJDK、Android-SDKを使用する環境が一番オーソドックスできめ細かなアプリ開発が可能だが、Eclipseは機能が多い分、初心者にとって意味のわからないエラーが発生することが多く、これがAndroidアプリ開発の敷居を高くしてしまっている気がする。

エラーの意味は英語も読めないし初心者なので理解出来ないが、アップデートの後にエラーが表示されたのだから、更新がエラーの原因であることは間違いない。

再度、EclipseとAndroid-SDKの更新を行う。更新には3時間ほどかかる。

Eclipseのヘルプから更新の確認を選択。最新版とのこと。

次にEclipseのウィンドウからAndroid SDK を起動して、Android SDK Tools の最新版(Rev20.0.3)をインストールする。

Eclipseを再起動するがエラー表示は消えない。

もしかして、Eclipse上で更新すると不具合が出るのかもしれないと思い、インターネットでAndroid Developers のサイトへ行き、直接Android SDKを上書きインストールし、Eclipseを再起動するがエラーが解決されない。

エラーコードをGoogleで検索してみるが解決策がない。

おおお、困った。

せっかく作った開発環境を一から作り直しか・・

切ない思いで、何か他に方法はないかとEclipseのメニュを開いていると、なんと、簡単な解決策がありました。

Eclipseのメニューの、ウィンドウからパースペクティブのリセットで解決出来ました。

err20120816-2.jpg

もしかして、いろいろ更新していたけど、最初からパースペクティブのリセットで解決出来たのかも知れません。

ほぼ2日間、無駄な時間を費やしてしまった。

Eclipseは、意味不明のエラーが多いですね。(いや単に勉強不足なだけですがね。言ってみたかっただけです。)

posted by Kunihiko at 11:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | エラーの対処方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


現在、このブログは更新を停止しています。
最新の内容は次のブログでお願いします。


新ブログ
趣味は長生きと秘密
http://home.mynsworld.com/